スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MUSE 2007 JAPAN TOUR in TOKYO 2

MUSE 2007 JAPAN TOUR in TOKYO 2




3/10(土) 東京 新木場スタジオコースト ツアー初日

去年のSummerSonicがあったとはいえ、すでに半年以上。
そして前回の2004年からの単独公演から実に3年ぶり。

去る2004年2月7日。
誘った友人に「MUSEってPlug in Babyだけでしょ?」と一笑されたほどの屈辱感を味わいつつ、一人行く事を決意。
そして単身乗り込んだ、今は亡き東京ベイNKホールで観たライブは想像を遥かに越えたステージでした・・。
大量の黒い風船に、紙吹雪の入った巨大風船、トドメのステージから吹き出す紙吹雪・・・。
過剰な演出となんとも壮大でドラマティックな世界観。
まさに「究極の過剰な美学」(2nd帯参照)
なにより3人のパフォーマンスが凄い!!
アルバム聴いただけでは決して伝わらないあの迫力。
そして神か変態かってくらい凄すぎるマシューの存在感。
サイケ柄のピタTのファッションセンスも含め、純粋にカッコイイ!!と言う言葉では表現できない魅力。
最高のライブバンドだと心から思いました。

そして迎えた2007年3月10日。
気分は成長した、息子を迎えるお母さん状態・・。
新たな魅力と進化を見せた4THアルバムの成功と、国内外でのフェスで獲得した新たなファン層を加えての単独公演。
ファンの盛り上がりも後押しして、どの公演もほぼSOLD OUT!
前回は当日券余裕で買えたのにね・・・。

新木場駅に到着したのは17時過ぎ。
ついつい早足で会場までの道を進むが、既に大勢の人たちが・・。
みんな気合い入ってるなーと、初日から出遅れた感でいっぱいのまま会場に着く。
思った通りグッツコーナーは長蛇の列。
ゲート内にも開場待ちをする人山が。
焦りつつグッツを見ていると、オフィシャルで狙っていたあのボーダーTが!!
本日分終了・・って。
ここで明日のリベンジを決意。
仕方なしにサマソニで買ったTシャツで今日は参戦です。

すでに自分の番号は呼ばれてるので、早速中に入ります。
まずはトイレに駆け込み、バーでビールを購入してフロアに入ります。
ちなみに新木場スタジオコーストはクラブの箱なんで、ライブハウスっていうよりクラブ仕様になってます。
もちろんライブ演るのはメインフロアです。
前座のThe Fratellisが演奏し始めたところで、人をかき分けつつ場所取り完了。
マシュー側のほぼスピーカー前。

Fratellisは曲も音も悪くないんだけど、ライブあんまり上手くないのね。
いまひとつだけど、会場の盛り上げに協力しつつそれなりに堪能。
セットチェンジが始まり、その動向に一々反応しつつ、本番待ち。
布で覆われたセットが現れれば『オォ!』ステージのスクリーンチェック『オォ!』とまぁ、凄い興奮ぶり。
極度の興奮と緊張で全身が落ち着かなくって、始まる前にすでに酒が回ってしまほどでした(苦笑)

19時過ぎMUSE登場。
1曲目は4thアルバムの冒頭を飾る「Take A Bow」
やった!
初日のセットリストはTake~Knightの流れが良かったので、いい感じです。
どことなく音が寂しい気もしますが、前方で揉まれているせいなのかしら?
あまり考えずステージに集中。
曲が盛り上がるにつれテンションあがるあがる。
そしてお馴染み2曲目「Hysteria」
CDで聴いてた時はあんまり好きでもなかったんだけど、この曲ライブで聴くとかっこいいんだよね。
「Super Massive Black Hole」で凄い歓声。
この曲もライブで聴くとグルーブ感ましてまさに踊れるロック。
でもスクリーンに映ってた映像みたいなロボットダンスが合うよねw
お次ぎも3rdから超名曲「お蝶婦人と竜巻サーブ(某サイト様参照)」・・もとい「Butterflies&Hurricanes」。
サマソニでのこの曲でのパフォーマンスは鳥肌ものだったものね。
4thからの人気曲「Map of the Problematique」の後にHullabalooから「Forced in」国内盤しか持ってないから音源持ってないんだけど、今回のツアーでは繋ぎでよく入れてますね。
来ました「Bliss」!
2ndで一番好きかも。
何故かはしらないけど地方では演ってないんだよね。
一緒に歌うは跳ねるは大忙し。
これをライブで聴くの大好きなんだよの「Feeling Good」。
いまや定番の拡張器と一人紙吹雪。
何度見てもあのお茶目具合がたまりません。
しばらくピアノタイムで「Hoodoo」、唯一の1stからの選曲「Sunburn」でまたもやあがったテンションが次の「Starlight」から上がりっ放し。
マシューの仁王立ち手拍子姿がなんとも勇ましいw
で、ぎゅいーんっとギターが鳴ったらもちろん「Plug in Baby」ですね☆
『まい、ぷらぎゅいんべいべぇー!!』と絶叫しつつ気がついたら人波に流されて
大混乱の中へ。
倒れそうになってる女の子をふたりほど助け・・
2ndの一曲目「New Born」!
そして私がMUSEを初めて知った曲(遅)「Stockholm Syndrome」!!
思い入れも強いし、なによりこの曲ほどライブで盛り上げられる曲もない(独断)
あの殺人メロディにやられまくりで本編終了。


アンコールの手拍子の中、ドンドンと地響きが!!!
手拍子ではなく足踏みならしてるんですよー。
なんだこれかっこいいねー。
2chで書き込みしてたけどApocalypse Pleaseの始まりかと思ってもおかしくない。

ほどなくしてのアンコールは「Soldier's Poem」。
しっとりとマシューの声が響きます。
「Invincible」のイントロの独特な音色が流れると歓声が。
サマソニでのマシューの神掛ったこの曲に思わず涙した人も多いことでしょう。
携帯のペンライト替わりにしてかざしながら、なんでみんなやらないんだろうと不思議におもいつつ。(曲が始まる前にドムがライトを付けてって言ったらしいのですが・・)
やはり人気の高い「Time is running out」でまたもや会場のテンションを上げた後、KOCこと「Knights of Cydonia 」。

スクリーンにサビの歌詞が映し出される気が利く演出で、少なくとも最前ブロックでは大合唱!!
この曲ライブだと更に良く聴こえるよねっていうか、もはや一番かもしれない・・。

以上約1時間半にて初日の全セットリスト終了。
前方で音が良く聴こえなかったこと、スクリ-ンがあまり見えなかったこと、マシューがフツーの格好だったこと、などが残念な点かな。
しかし改めてMUSEの凄さを実感した一日でした。

セットリスト

Take a bow
Hysteria
Super Massive Black Hole
Butterflies&Hurricanes
Map of the Problematique
Forced in
Bliss
Feeling Good
Hoodoo
Sunburn
Starlight
Plug in Baby
New Born
Stockholm Syndorome

-ENCORE-
Soldier's Poem
Invincible
Time Is Running Out
Knights of Cydonia

2日目に続く・・

MUSE 2007 JAPAN TOUR in TOKYO 1

MUSE 2007 JAPAN TOUR in TOKYO 1

ツアー終わるまで、他の事考える余裕がありません。
申し訳ないですが、しばらくMUSEワールドにお付き合いくださいませ・・。
夏フェスの話とか、来日公演とか、新譜とか、いっぱいネタはあるので、近々必ず!!

と、いうわけでMUSEのジャパンツアー、東京公演3日間のレポ&特集です♪
今日はまとめきれないので雑談編。




Studio Coast 3/11の写真(たぶん)
microcutsにUPされてました!
私はギリギリ入っているかどうかってところにいました。

コースト二日間のマシューのファッションは普通でしが、12日でやってくれました!

あれは見事なキラキラパンツでした。
しばらく目が釘付け・・
11日のドムのスパーダーマンはあのまま最後まで、ドラム叩いてるあたりが凄過ぎですが、やはり主役はこの男でした☆



↑マシューのキラパン / DIOR HOMMEのデニム(SILVER)
たぶんこれ。定価10万也。

ツアーグッツ、争奪戦って感じでしたね。
なにしろあまり在庫ないみたいで。
1日で限られた数しかでないから、人気あるもの買うには相当早くから行かねばならず。
目当てのTシャツ買うのに会場1時間前から並んでGET。
MUSEでなきゃこんなことしないよ私。

ちなみに買ったのはコレ↓



次回はちゃんとレポ書きます。
あまりにも凄かったので言葉にまとめられないのよ・・。

今日の大阪はどうだったんでしょう??

BRITISH ANTHEMS2 in StudioCOAST

BRITISH ANTHEMS2 in StudioCOAST at12/16

会場

BRITISH ANTHEMS行ってきました。
長文イベントレポにおつきあい下さいませ☆

開始時刻を若干過ぎたもののどうにか会場入り・・。
さすがに東京は出演バンド数もあってかなかなかの混み具合。
まずはロッカーに上着をつっこんで、メインフロアに。

最初のバンドはBLONDELLE。
長身のボーカル君の動きが変。
ツインボーカルな感じはなかなか良い感じ。
音的にはそんなに好みじゃないですが、なかなかの演奏力!
あと凄い黄色い歓声。
そんなイケメンがいるのかしら?とあとで握手会やっているところを覗くと・・・
か、かわいい・・・。
みんな若くて綺麗だし、特に小さい方のボーカル君は子供のようなキュートさ。
黄色い声も納得です(笑。一番人気は長身の彼ね。)
アルバム買ってみようかな。

セットチェンジの間にグッツを物色。
オフィシャルのTシャツ買えばよかったなーと今頃後悔。財布の中身がほとんどなかったんです・・。
空腹満たす為ケバブデラックス(・・・)とビールで腹ごしらえ♪

お次はNEiLS CHiLDREN。
音の系統としては、好きなタイプなんですが・・如何せん演奏力はまだまだ。
ボーカルの歌唱力の無さも手伝ってさらに残念な結果に・・。
うーん今後に期待しようっと。

期待のFIVE O'CLOCK HEROESの登場。
パフォーマンスにすでに貫禄を感じます。
声の通りのルックスのボーカルの歌いっぷりはなかなか◎
うーん、いいんだけど今ひとつのれません。
ここも好みの問題かしら。
音が似て単調に感じる気もしました。
いい曲はいいんだけどちょっと埋もれてしまう。
多彩な音が出てくるのを期待します♪

ここまで階段上で立って観ていたんだけど、ここからは最前列に移動です。
なぜって今日の一番のお目当て、THE SUNSHINE UNDERGROUNDの登場だからです!!

かっこいい!!
演奏力も悪くないけど、とにかく音がライブ映えするし身体が勝手に動いちゃう感じ。
ボーカルもおしゃれでかわいいし・・
最初CD聴いた時はどうかなと思っていましたが全然いいわー。
これはかなりファンになりそうです・・
オフィシャルのTシャツも可愛かったんですよー
サマソニ来て欲しいなぁ。

またしても食事休憩を挟み(食べ過ぎ・・)
話題の新人バンドTHE VIEWの番です。
さっきのSUといい会場がかなり混み合ってます。
なまりと早口でMCはまったく聞き取れず・・が、面白い(変)なキャラかも。
演奏は新人の割にかなり上手い!
お客もノリノリでなかなかの盛り上がり!
しかし若いノリにイマイチ付いていけずちょっと棒立ち状態・・。
何かが違うよーな。
シングルで聴いてた曲はメロディは本当に良いし、つい引き込まれましたが・・。
アルバムを聴いてみたいような、聴きたくないような。
とにかく若さ弾けるパフォーマンスでした☆

お次は楽しみにしていたKEITH。
アルバム聴いたことないけど、ずーっと気になっていたんです。
独特の世界感・・は、感じられたけど・・・。
だらだらと締まりのない曲が続く。
せっかくの実力が生かされていないような。
もっと引きつけられるものがライブで出せれば良かったのになぁ~。
今回は期待してたのでちょっと残念、これからに期待です☆
まずはアルバム聴いてみようっと♪

くるりは観ずに休憩のつもりでしたが、ほぼ全部観ちゃいました・・。
ごめんなさい、ヒットソングの何曲かは好きだし、決して評価は低くなかっんだけど。
岸田さんの選曲のわざと感がむしろちょっとxで、私は全然楽しめませんでした。
こんなとこ呼ばれてしまった気持ちもわかるけど・・・ね。

少し待たされたあと、本日の大トリTHE ORDINARY BOYSの登場です♪
個人的に今までと嗜好の違う3rdアルバムはかなーり評価高いです。
アルバムの出来としては一番ではないかと。
もちろん初期のアルバムも好きだけど、今回のライブで成長ぶりを観たかったのですが。
あいかわらず演奏力はそんなに高くない・・。
でもピアノ取り入れてる姿勢は良し☆
選曲も1st、2ndの曲が多かったです。
ライブで人気の高いところをほとんど盛り込んでいるので、会場は盛り上がってましたね!(最前列のブロックにいるとイマイチ全体のノリがわからないけど・・)
しかし既に帰ったお客さんも多くて、少し淋しい気も・・?
でもまぁ「Little Bitch」やってくれたしね~☆
新曲もライブで聴いてもかっこいい!
一言あるとすれば「ラストクリスマス」やって欲しかった・・
最後に流すだけ?って感じですかね。
総括としては。
より進化、飛躍して欲しいバンドなんだけど、それがあまり見えてこなかったのが残念・・。
がんばれプレストン!!不眠症に負けるな~
応援してますよ☆

IMP的BRITISH ANTHEMSランキング

ライブパフォーマンス
1,THE SUNSHINE UNDERGROUND
2,THE VIEW
3,BLONDELLE

次点FIVE O'CLOCK HEROES

期待値
1,THE SUNSHINE UNDERGROUND
2,KEITH
3,BLONDELLE

次点THE VIEW

総合
1,THE SUNSHINE UNDERGROUND
2,THE ORDINARY BOYS
3,BLONDELLE

次点THE VIEW

てなところでしょうか。
なんと次回は来年3月!!
って早過ぎません??
どんなアーティスト呼んでくれるか期待が高まりますね♪

3月はMUSEだけでもお腹いっぱいなのにねー
あ。もちろん追加公演も含めて東京3日間参戦予定です☆☆
幸せすぎ・・・。

[EDITORS & WE ARE SCIENTISTS] Live in Shibuya Quattro

EDITORS & WE ARE SCIENTISTS LIVE!!




5/12 渋谷クラブクアトロでの [EDITORS & WE ARE SCIENTISTS] の新人2バンドのライブに行ってきました。
どちらも新人としてなかなかの人気ぶりなので、ライブはかなり楽しみしていたわけですが・・。
サマソニ出演決まってちょっと悔しい気もしましたが(笑)下見ってことで。

まずはエディターズ。
エディターズのボーカルってクリス(coldplay)っぽい
なぁとCD聴いて思っていたのですが、歌い方も似ててちょっと笑ってしまいました・・。

演奏も貫禄も新人とは思えない安定感すら有り。
正直かなりよかったです!

ここ最近観た新人バンドのライブの中では一番かな。
今回のライブ観てない方は、是非サマソニで観てみてください♪

お次が科学者さんたち。

アメリカっぽいね。
MC多くてびっくり。でもごめん、英語わからないから彼らの人の良さそうな感じしかわからず・・。

うーん演奏まだまだかな。
シングルカットされてる曲はメロディも良くて悪くはなかったけど、全体的にちょっと物足りなさを感じてしまいました。

私は変なバンドじゃないと物足りないもかも(笑)

そんなわけでエディターズはサマソニでもう一度観ます☆

エディターズのアルバム情報はこちら

FC2 Blog Rankingの洋楽ブログランキングはコチラ
banner
↑人気ブログランキングの音楽(ロック・ポップス) ランキングはコチラ

« Previous Page

LINKツール


Follow a_nyago on Twitter
バナーはリンクなどでご自由に使ってください☆

ごあいさつ

管理人:chili
気まぐれに更新してます・・。
出来る限りわかりやすく、見やすく作るよう頑張ってます!
リンクフリー、TBフリーです。相互リンクも一声かけていただければ是非☆
コメントいただければ(なるべく)すぐお返しします。
色々な人たちと情報交換できると嬉しいです♪♪

音楽ブログランキング☆

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ

人気ブログランキング ブログランキング 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

IMPアンケート

質問 IMPで読みたい記事
UKチャート
新譜情報
おすすめ新人
来日情報
PV試聴
LIVEレポート
その他

コメント



- レンタルサーバー -

音楽Blog

''KID A + DのROCK数珠繋ぎ''
KID Dさんの洋楽情報たっぷりのブログです☆
''洋楽 de Show★''
あけみさんの充実したUKロック満載の音楽ブログです。
''-SuiciDe PaRty-''
大阪でイベントなどやっている、ちるさんのUK/USロック情報満載の更新頻度の高いブログです!
''洋楽×洋楽 こんこんぶつゆの洋楽紹介サイト''
ロック全般の情報盛り沢山のブログです。
''the eternal day''
LEMONさんのブログ。OASIS、DPTの話題などなど☆
''洋楽試聴 Nu Musics''
Satoruさんの洋楽PV試聴満載のブログです♪
''〓〓LOVE MUZIC〓〓''
BEP好きなKeyさんの可愛いブログです☆
''Youtubeまとめblog''
アーティスト一覧になってて大変便利です

試聴

track feed

track feed

ブログパーツ レンタルCGI
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。