スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IMP AWARD 2006 BEST SONG

IMP AWARD 2006 BEST SONG

award


「IMP AWARD」と題して今年の洋楽をランキングにまとめてみました!

さて3回目の今回は2006年のベストソング編です♪

2006洋楽ベストソングランキング
1, Scissor Sisters「I Don't Feel Like Dancin'」
2, Arctic Monkeys 「I bet you look good on the dancefloor」
3, Gnarls Barkley「Crazy」
4, MUSE「Supermassive Black Hole」
5, FIELDS「Song For The Fields」
6, The Killers「When You Were Young」
7, Lily Allen「Smile」
8, Guillemots「Made Up Lovesong No.43」
9, THE FEELING「Love It When You Call」
10, Wolfmother「Woman」
11, Thom Yorke「The Eraser」
12, Corinne Bailey Rae「Like A Star」
13, Keane「Is It Any Wonder?」
14, Lily Allen「LDN」
15, The Fray「Over My Head (Cable Car)」
16, THE FEELING「Sewn」
17, Snow Patrol「You're All I Have」
18, ORSON「No Tomorrow」
19, Yeah Yeah Yeahs「Gold Lion」
20, The Velvet Teen「333」
21, Mary J. Blige「Be Without You」
22, JET「Put Your Money Where Your Mouth Is」
23, Soft「Droppin'」
24, Clap Your Hands Say Yeah「Over And Over Again」
25, Sugarcult「Do It Alone」
26, The Zutons「Why Won't You Give Me Your Love?」
27, The Vines「Don't Listen To The Radio」
28, Mogwai「Auto Rock」
29, Amusement Parks On Fire「Out Of The Angeles」
30, Bent Fabric「Jukebox」

いっぱい削ってどうにか30までまとめました・・・。
なるべく1アーティスト1曲ずつにして、アーティスト数を多めにいれるようにはしたのですが。
あげるとキリがなかったので、2006年の中での重要度や話題度もある程度考慮してみました!

まず1位はなんとScissor Sistersです(笑)邦題「ときめきダンシン」のあの曲です。
とにかくこの曲聴くと気分が高鳴るというか、楽しくなっちゃうんですよ。
エルトンのピアノのマッチ具合も高ポイントです☆
ときめきダンシン ときめきダンシン
シザー・シスターズ (2006/09/20)
ユニバーサルインターナショナル
この商品の詳細を見る


2位は今年の台風の目、Arctic Monkeysです。
「Folktales of San Franscisco」にしようか他の曲にしようか悩んだけど、勢いのあるこの曲に決定♪
I Bet You Look Good on the Dancefloor I Bet You Look Good on the Dancefloor
Arctic Monkeys (2006/03/14)
Domino Records UK
この商品の詳細を見る


3位に大ヒットした「Crazy」。
とにかく楽曲が素晴らしいです。歌声もポイント高し。
Crazy Crazy
Gnarls Barkley (2006/03/13)
Wea International
この商品の詳細を見る


4位はMUSEから「Supermassive Black Hole」
最初聴いた時はどうにも馴染めなかったんですが、今じゃかなりお気に入りですね☆
MUSEが作る踊れるロックはこうなるんですねー。
Supermassive Black Hole Supermassive Black Hole
Muse (2006/06/19)
Wea
この商品の詳細を見る


5位FIELDS「Song For The Fields」
アルバムを出して欲しいと激しく思うバンドの1つ。
曲のもつ世界観、構成共に文句無し。
7 from The Village 7 from The Village
Fields (2006/09/12)
Vice
この商品の詳細を見る


以下、全曲コメントは大変そうなので省略・・。
正直あまり順位関係ないです。

あげるのもまとめるのも大変な作業ですね(汗)
せっかくまとめたし、自分コンピでも作るかな~

詳細コメントは次回に・・
スポンサーサイト

IMP AWARD 2006 BEST LIVE

IMP AWARD 2006 BEST LIVE

award


「IMP AWARD」と題して今年の洋楽をランキングにまとめてみました!

2回目の今日は2006年のベストライブ編です。
ちなみに私が行ったライブのみなので、かなーり(本当に)限られた中からですが・・・。

2006洋楽ベストライブランキング
1, MUSE in SummerSonic06
2, DAFT PUNK in SummerSonic06
3, EDITORS in 渋谷クアトロ
4, THE SUNSHINE UNDERGROUND in BRITISH ANTHEMS
5, White Straips in Zeep Tokyo
6, THE FEELING in SummerSonic06
7, Madona in Tokyo Dome 
8, Bloc Party in 代官山Unit
9, John Mayer in Ebisu Garden Hall
10, Arctic Monkeys in 新木場Studio Cost
次点 KLAXONS in 代官山Unit

一位はもう揺るぎませんからね。観た人なら納得ですよね☆
たぶん来年も一位なのでは・・。

サマソニからDAFT PUNK、THE FEELING。
どちらも強烈な印象を残したライブでした!

EDITORSはWAS目当てで行ったのに完全にノックアウトされたので上位ランクイン(笑)

White Straips、John Mayerは素晴らしいパフォーマンス。
もうライブってだけでは語れないです。

ライブではなくマドンナのコンサートもランクインしちゃってますが(笑)
ショーのクォリティの高さに脱帽でした。

最近ではBRITISH ANTHEMSのTHE SUNSHINE UNDERGROUNDもKLAXONSも踊れるロックのライブって感じで楽しめました!

結構良い年だったなー。
逃したライブも一杯あるのですが、Snow Patrol、RAZORLIGHT、LITTLE BARRIE、THE VELVET TEEN 、MANDO DIAOほかもろもろね。
一番はフジロック逃したのがなぁ・・・。

来年も良いライブに巡り合えますよーに☆

...続きを読む

IMP AWARD 2006 BEST MUSICNEWS

IMP AWARD 2006 BEST MUSICNEWS

award


今年もあと数日ですね。
クリスマス終わったらお正月。
今年はあちこち遊びに行こうと思っているので充実した正月休みになりそうです☆

さてそんな年の瀬に、二番煎じですが2006年を総括した「IMP AWARD」と題して今年の洋楽をランキングにまとめてみました!

まずは今年の洋楽ニュース編。

2006洋楽ニュースランキング

1, Blur ブラーのアレックス、スニーカーを捨て長靴に
2, MUSE、ウェンブリー即売。追加公演も売り切れ間近
3, スマパン、新作レコーディング中!
4, Keane トムがアルコールおよびドラッグ問題を告白!
5, ケイト モス、ピートの子供を妊娠?

今年はアレックスのニュースでかなり笑わせてもらいました。
パークライフならぬカントリーライフ。
さすがです(笑)

MUSEは新作、夏フェスを経て大躍進の1年でしたね☆
来年3月の来日公演がどんなに待ち遠しいことか・・。

スマパン復活情報を追っかけてきましたが、来年にはきっと全容が見えてくるんでしょうね。
楽しみです♪

Keaneはサマソニまさかのドタキャンで、会場で居眠りしちゃったんで・・(苦笑)

ピートの話題提供ぶりもあいかわらずですね。
きっとこの人は死ぬまでこうなんじゃないかと・・。

BRITISH ANTHEMS2 in StudioCOAST

BRITISH ANTHEMS2 in StudioCOAST at12/16

会場

BRITISH ANTHEMS行ってきました。
長文イベントレポにおつきあい下さいませ☆

開始時刻を若干過ぎたもののどうにか会場入り・・。
さすがに東京は出演バンド数もあってかなかなかの混み具合。
まずはロッカーに上着をつっこんで、メインフロアに。

最初のバンドはBLONDELLE。
長身のボーカル君の動きが変。
ツインボーカルな感じはなかなか良い感じ。
音的にはそんなに好みじゃないですが、なかなかの演奏力!
あと凄い黄色い歓声。
そんなイケメンがいるのかしら?とあとで握手会やっているところを覗くと・・・
か、かわいい・・・。
みんな若くて綺麗だし、特に小さい方のボーカル君は子供のようなキュートさ。
黄色い声も納得です(笑。一番人気は長身の彼ね。)
アルバム買ってみようかな。

セットチェンジの間にグッツを物色。
オフィシャルのTシャツ買えばよかったなーと今頃後悔。財布の中身がほとんどなかったんです・・。
空腹満たす為ケバブデラックス(・・・)とビールで腹ごしらえ♪

お次はNEiLS CHiLDREN。
音の系統としては、好きなタイプなんですが・・如何せん演奏力はまだまだ。
ボーカルの歌唱力の無さも手伝ってさらに残念な結果に・・。
うーん今後に期待しようっと。

期待のFIVE O'CLOCK HEROESの登場。
パフォーマンスにすでに貫禄を感じます。
声の通りのルックスのボーカルの歌いっぷりはなかなか◎
うーん、いいんだけど今ひとつのれません。
ここも好みの問題かしら。
音が似て単調に感じる気もしました。
いい曲はいいんだけどちょっと埋もれてしまう。
多彩な音が出てくるのを期待します♪

ここまで階段上で立って観ていたんだけど、ここからは最前列に移動です。
なぜって今日の一番のお目当て、THE SUNSHINE UNDERGROUNDの登場だからです!!

かっこいい!!
演奏力も悪くないけど、とにかく音がライブ映えするし身体が勝手に動いちゃう感じ。
ボーカルもおしゃれでかわいいし・・
最初CD聴いた時はどうかなと思っていましたが全然いいわー。
これはかなりファンになりそうです・・
オフィシャルのTシャツも可愛かったんですよー
サマソニ来て欲しいなぁ。

またしても食事休憩を挟み(食べ過ぎ・・)
話題の新人バンドTHE VIEWの番です。
さっきのSUといい会場がかなり混み合ってます。
なまりと早口でMCはまったく聞き取れず・・が、面白い(変)なキャラかも。
演奏は新人の割にかなり上手い!
お客もノリノリでなかなかの盛り上がり!
しかし若いノリにイマイチ付いていけずちょっと棒立ち状態・・。
何かが違うよーな。
シングルで聴いてた曲はメロディは本当に良いし、つい引き込まれましたが・・。
アルバムを聴いてみたいような、聴きたくないような。
とにかく若さ弾けるパフォーマンスでした☆

お次は楽しみにしていたKEITH。
アルバム聴いたことないけど、ずーっと気になっていたんです。
独特の世界感・・は、感じられたけど・・・。
だらだらと締まりのない曲が続く。
せっかくの実力が生かされていないような。
もっと引きつけられるものがライブで出せれば良かったのになぁ~。
今回は期待してたのでちょっと残念、これからに期待です☆
まずはアルバム聴いてみようっと♪

くるりは観ずに休憩のつもりでしたが、ほぼ全部観ちゃいました・・。
ごめんなさい、ヒットソングの何曲かは好きだし、決して評価は低くなかっんだけど。
岸田さんの選曲のわざと感がむしろちょっとxで、私は全然楽しめませんでした。
こんなとこ呼ばれてしまった気持ちもわかるけど・・・ね。

少し待たされたあと、本日の大トリTHE ORDINARY BOYSの登場です♪
個人的に今までと嗜好の違う3rdアルバムはかなーり評価高いです。
アルバムの出来としては一番ではないかと。
もちろん初期のアルバムも好きだけど、今回のライブで成長ぶりを観たかったのですが。
あいかわらず演奏力はそんなに高くない・・。
でもピアノ取り入れてる姿勢は良し☆
選曲も1st、2ndの曲が多かったです。
ライブで人気の高いところをほとんど盛り込んでいるので、会場は盛り上がってましたね!(最前列のブロックにいるとイマイチ全体のノリがわからないけど・・)
しかし既に帰ったお客さんも多くて、少し淋しい気も・・?
でもまぁ「Little Bitch」やってくれたしね~☆
新曲もライブで聴いてもかっこいい!
一言あるとすれば「ラストクリスマス」やって欲しかった・・
最後に流すだけ?って感じですかね。
総括としては。
より進化、飛躍して欲しいバンドなんだけど、それがあまり見えてこなかったのが残念・・。
がんばれプレストン!!不眠症に負けるな~
応援してますよ☆

IMP的BRITISH ANTHEMSランキング

ライブパフォーマンス
1,THE SUNSHINE UNDERGROUND
2,THE VIEW
3,BLONDELLE

次点FIVE O'CLOCK HEROES

期待値
1,THE SUNSHINE UNDERGROUND
2,KEITH
3,BLONDELLE

次点THE VIEW

総合
1,THE SUNSHINE UNDERGROUND
2,THE ORDINARY BOYS
3,BLONDELLE

次点THE VIEW

てなところでしょうか。
なんと次回は来年3月!!
って早過ぎません??
どんなアーティスト呼んでくれるか期待が高まりますね♪

3月はMUSEだけでもお腹いっぱいなのにねー
あ。もちろん追加公演も含めて東京3日間参戦予定です☆☆
幸せすぎ・・・。

BRITISH ANTHEMS vol,2

BRITISH ANTHEMS vol,2

公式HP


気がつけばもう12月。
今年も残すところわずかです。
が、師走の忙しい最中、今年を象徴するような、これからが期待される英バンドが集まるイベントが開催されるんです。
それがBRITISH ANTHEMSです☆

前回の今年1月に開催された第1回目のメンツはといえば・・

SUPERGRASS
×THE ORDINARY BOYS(ドタキャン。絶対例の番組のせい)
THE DEAD 60'S
THE LITTLE FLAMESTHE
TEST ICICLES
GREAT ADVNTURE
・・・

だったわけで(私は不参加。SUPERGRASSは単独行ったし、ORDINARY来なかったし)
と、まぁお詫びも兼ねて今回の大トリがORDINARY BOYSになったわけです(笑)

さらっとおさらい。
今回(第2回)の概要です。

12/14(木)名古屋 ダイヤモンドホール
OPEN 18:00 / START 19:00
TICKET ¥5,500-(税込/All Standing/1DRINK別)

12/15(金)大阪 IMPホール
OPEN 18:00 / START 19:00
TICKET ¥5,500-(税込/All Standing)

12/16(土)東京 新木場スタジオコースト
OPEN 13:00 / START 14:00
TICKET ¥6,000-税込/all standing/2DRINK別)
当日券 ¥6,500-(税込/all standing/2DRINK別)

出演アーティスト&タイムスケジュール

東京
DOORS OPEN |1:00pm - 2:00pm
14:00 BLONDELLE
Set Change
14:45 NEiLS CHiLDREN
Set Change
15:30 FIVE O'CLOCK HEROES
Set Change
16:15 THE SUNSHINE UNDERGROUND
Set Change
17:00 THE VIEW
Set Change
17:45 KEITH
Set Change
18:30 QURULI
Set Change
19:30 THE ORDINARY BOYS

名古屋&大阪
THE ORDINARY BOYS / KEITH / FIVE O'CLOCK HEROES

しかし・・・東京の2ドリンクって何?
なんだかせこい商売だなぁ。
せっかく3都市開催なのに、名古屋と大阪公演が3バンドって随分差があるんだね。

とはいえ、今が旬の英バンドを集めてのイベント開催は正直嬉しいですね☆
思う存分楽しみたいです♪

特に楽しみなのはTHE SUNSHINE UNDERGROUND、KEITH、FIVE O'CLOCK HEROES。
ダークホースでTHE VIEWとNEiLS CHiLDREN。
押えがTHE ORDINARY BOYSという感じでしょうか(笑)

当日券もあるようですし、今からでも間に合いますよ~

music News Choice!! 12/11up

music News Choice!! 12/11up


気になる音楽ニュースをいろんな所から集めてみました。

・Billboard インキュバス1位、Xmas作品も浮上!
初の快挙ですね。こんなに人気あるとは知りませんでした・・。おめでとうございます☆
・第49回グラミー賞、ノミネート・リストが発表
メアリー強し!Jブラントもコリーヌもね。近くなったら特集でも組もうかな。
今年はWOWWOW入ったからTVで観れるしね♪
詳しいノミネートはグラミー公式HPで♪
・Arctic Monkeys、NMEのトップ・アルバムに
ここ最近出たのに5位に食い込んだCSSが気になります。The Long Blondesも出たばかりでは!?
私的には女性ボーカル陣の評価が高かったのが意外でしたっ。
・MUSE、ウェンブリー即売。追加公演も売り切れ間近
7万人収容の新サッカースタジアムがなんと45分で完売!!い、行きたい・・。
・Beyonce、待望の来日公演が決定!
これが初!なんですよね。生ビヨ観ておくべきかしら・・。
・Take that、2週連続で英チャートを制覇
・・なわけで、今週のチャート紹介はお休みデス(笑)

さて以下が『NME』が選んだベスト・アルバム・オヴ・2006のTOP10でございます!!

1.アークティック・モンキーズ『Whatever People Say I Am, That's What I'm Not』
2.ヤー・ヤー・ヤーズ『Show Your Bones』
3.ミューズ『Black Holes And Revelations』
4.ホット・チップス『The Warning』
5.CSS『Cansei De Ser Sexi』
6.ナールズ・バークレイ『St Elsewhere』
7.ロングブロンディーズ『Someone To Drive You Home』
8.ザ・ストロークス『First Impressions Of Earth』
9.カサビアン『Empire』
10.マイ・ケミカル・ロマンス『The Black Parade』

なかなか豪勢なラインナップですね。
HOTCHIPSの評価高いんだなぁ。

詳細はNMEのサイトでどうぞ☆

IMPが選ぶ2006年総括特集もやりたいな。

New Face 16 ~新人強化週間 Five O'Clock Heroes~

New Face 16 ~新人強化週間最終日~

昨日に引き続きBritish Anthemsで来日が決まっている、このバンドで最後は締めます☆

Five O'Clock Heroes

公式サイト
Myspace


結成3年目の英米混成4人組。って新人じゃないね・・。
キャッチーなメロディとボーカルのハイトーンヴォイスがクセになります☆

デビューアルバム(国内?)の完成度も高く、聴きごたえ充分!
ニューレイブもいいけどこういう素直に楽しめる曲はあきませんね。

''Five O'Clock Heroes''
-Band Members-
Antony Ellis - Guitar, Lead Vocals
Elliot Thompson - Lead Guitar, Backing Vocals
Nader - Bass
Sam Embery - Drums
Label:G/L/A/Z/E Records

Five O'Clock Heroes - Head Games


Five O'Clock Heroes - White Girls

New Face 15 ~新人強化週間The View~

New Face 15 ~新人強化週間6日目~

British Anthemsで来日が決まっている話題のバンドをご紹介します♪

The View

公式サイト
Myspace


スコットランド北部Dundee出身のギターバンド4人組。
なんと平均年齢が18歳(若い!!)、同じ高校出身だそうです。

オフィシャルで流れてる曲を聴きましたが、これがいいんですよー。
オーソドックスなパンクやロックナンバーですが、メロディがかなり良い。

British Anthemsは東京のみの参戦ですが、来年には単独公演、ツアーなどもありそうですね。

あのピート・ドハーティーに渡したデモが気に入られて、ツアーのオープニング・アクトへ大抜擢されたのがきっかけで話題沸騰。
デビュー・アルバムは来年1月に出るそうなのでかなり楽しみです☆
来年は彼らで決まり?!

''The View''
-Band Members-
Kyle, Kieren, Pete & Steve
Label:1965 Records


view
Hats Off To The Buskers
1/23輸入盤
2/7国内盤

The View - Superstar Tradesman


The View - Wasted Little Djs

New Face 14 ~新人強化週間 Klaxons~

New Face 14 ~新人強化週間5日目~

今回紹介するのは昨日単独公演を行ったこのバンドです☆

Klaxons

公式サイト
Myspace


KLAXONS。Simon Taylor、James Righton、Jamie ReyoldsのUK出身の3人組。
昨日のライブではドラムの人はサポートだったのかな。
みんな歌うから誰がメインボーカルかイマイチわからず・・・。
JamieかJamesのどちらかのはず・・。

昨日の公演はライブっていうよりレイブっぽくって、お客さんもおしゃれな人多し。
正直行くべきか渋っていたんですが、このMUSEの記事を読んで行く気になりました(二日前に。笑)

・Muse ニュー・レイヴ・シーンを歓迎!

感想はというと、ちょっと短過ぎ。
30分はやったよね?というくらい。
まだEPしかだしていないわけだから、短いのはいたしかたないのかもしれませんが。
せめてアンコールくらいあってもねー。

でも内容的には◎
久々に踊るは跳ねるはで満喫しました~
CDより全然いい。

キャラもよさそう。
ちょっとボケてみたりしてたし(笑)
個人的には左側にいる(上の写真では真ん中)彼が可愛くてツボでした☆

まずはアルバム発売を待つとして、再来日にはたっぷりライブ観たいなぁ。

''Klaxons''
-Band Members-
Jamie Reynolds(drums/bass/vocals)
James righton(vocals/keys)
Simon Taylor(guitar/vocals)
Label:RINSE

Xan Valleys Xan Valleys
Klaxons (2006/10/17)
Modular
この商品の詳細を見る


どのPVもちょっと気持ち悪い感じで凄い色使いですが、特にこれが凄い。ファッションが・・。
↓オフィシャルサイトへ(サイト自体もかなりキテます)
Klaxons - Atlantis To Interzone

Klaxons - Magick

New Face 13 ~新人強化週間 The Horrors~

New Face 13 ~新人強化週間4日目~

どうにか4日目突入です。
さりげなくテンプレートを冬季限定仕様に変えてみました~
今回ご紹介するバンドはIMPイチオシのこのバンド★

The Horrors

公式サイト
myspace


ロンドン出身のガレージ・パンクバンドの5人組。

昨日GossipのベスがNME CoolList2006で1位になったという記事に書きましたが、このHorrorsのFaris Rotterが2位なんですよ。
奇抜な行動で世間を騒がしている模様。
ビジュアル的にもかなりイケテます★

PVはなんとクリス・カニンガムがディレクターで、これがシンプルかつ強烈。
今月来日公演もあるので是非チェックしてみて下さい!
しかもオープニングアクトはNEiLS CHiLDREN♪

12/20(水)東京 原宿アストロホール
GUEST:NEiLS CHiLDREN
OPEN 18:00 / START 19:00
TICKET ¥4,500-(税込/All Standing/1DRINK別)
INFO:Creativeman 03-5466-0777

''The Horrors''
-Band Members-
FARIS BADWAN/VOCALS
TOMETHY FURSE/DANELECTRO LONGHORN BASS
JOSHUA VON GRIMM/FENDER JAGUAR
COFFIN JOE/BANGS THE DRUMS
SPIDER WEBB/VOX CONTINENTAL ORGA
Label:Kill Rock Stars

The Horrors EP The Horrors EP
The Horrors (2006/12/20)
Egging
この商品の詳細を見る


The Horrors - Sheena is a Parasite
directed by Chris Cunningham

New Face 12 ~新人強化週間 GOSSIP~

New Face 12 ~新人強化週間3日目~

3日目にご紹介するバンドは今話題のバンドです♪
すでに何枚かアルバム出しているようなので、新人じゃないけど・・旬ってことで♪

GOSSIP

米公式サイト
公式サイト
myspace


UKで話題のアメリカ、ポートランド出身の3人組。
ボーカルのBethがNMECoolList2006の1位の選ばれていて、リリーアレンと一緒に写っているのが印象的でしたが。
いやーかっこいい。
久々に女性ボーカルの歌声でしびれました。
デブでもレズでもいいじゃない☆

旬のディスコ・パンクなサウンドにBethのソウルフルで太くダイナミックな声が最高☆
アルバム即買いです。

''GOSSIP''
-Band Members-
Beth Ditto (vox)
Brace Paine (gtr + bass)
Hannnah Blilie (drms)
Label:Kill Rock Stars

Standing in the Way of Control Standing in the Way of Control
Gossip、Le Tigre 他 (2006/01/24)
Kill Rock Stars
この商品の詳細を見る


The Gossip - Standing in the way of control

New Face 11 ~新人強化週間 The shineunderground~

New Face 11 ~新人強化週間2日目~

今日のバンドはBritish Anthems出演も決まっているこのバンド。
ちなみに明日はお休みであさってから再開しますね。

The shineunderground

公式サイト
myspace



UKリーズ出身の4人組、The shineunderground。
DFAっぽいサウンドがクセになりそうなディスコ・パンク。
と思いきや全体的には割とオーソドックなロックサウンドが中心。
少し初期のラプチャーやミュージックを感じさせるかな。

ライブ期待しております。
ルックスも可愛い顔で良いしね(笑)

''The shineunderground''
-Band Members-
Craig Wellington
Stuart Jones
Daley Smith
Matthew Gwilt

The Sunshine Underground - Put You In Your Place


The Sunshine Underground - Comercial Breakdown


↓おまけ。名前の由来はこの方達のこの名曲からだそうです。
The Chemical Brothers - The Sunshine Underground

New Face 10 ~新人強化週間 THE KBC~

New Face 10 ~新人強化週間 THE KBC~

ここんところ新人バンド紹介を怠っていましたので、ここらで新人強化週間と掲げて今週1日1バンド、気になる新人バンドの記事を書いてみようと思います。

みなさんのお気に入りが増えるといいな。

1日目はブログ読者様からご紹介いただいたこのバンドから☆
ワタシはすっかり気に入っております。

THE KBC
公式サイト
myspace



UK Preston出身の若干21歳の期待の3人組。
ポスト・パンクやニューウェーブっぽいけどロックなダンスミュージック。
若い三人の瑞々しさも感じられる衝動的なサウンドがいいです。
今が旬のバンドからのサポートアクトにひっぱりだこだとか。
実に楽しみなバンドです。

来年には来日公演が決定してます!
単独じゃないのが残念。

BBB SESSIONS
feat. DUSTIN'S BAR MITZVAH / THE KBC
1.22 (mon) Shibuya CLUB QUATTRO
OPEN 18:30 / START 19:30
4,800YEN (adv.with 1drink)
詳細はSMASH HPまで。

''THE KBC''
-Band Members-
James Mulholland (vocals/guitar)
Ric Ormerod (Bass)
Michael Brown (Drums)
Label High Voltage

The KBC - Not Anymore


The KBC - Test The Water

LINKツール


Follow a_nyago on Twitter
バナーはリンクなどでご自由に使ってください☆

ごあいさつ

chili

管理人:chili
気まぐれに更新してます・・。
出来る限りわかりやすく、見やすく作るよう頑張ってます!
リンクフリー、TBフリーです。相互リンクも一声かけていただければ是非☆
コメントいただければ(なるべく)すぐお返しします。
色々な人たちと情報交換できると嬉しいです♪♪

音楽ブログランキング☆

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ

人気ブログランキング ブログランキング 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

IMPアンケート

質問 IMPで読みたい記事
UKチャート
新譜情報
おすすめ新人
来日情報
PV試聴
LIVEレポート
その他

コメント



- レンタルサーバー -

音楽Blog

''KID A + DのROCK数珠繋ぎ''
KID Dさんの洋楽情報たっぷりのブログです☆
''洋楽 de Show★''
あけみさんの充実したUKロック満載の音楽ブログです。
''-SuiciDe PaRty-''
大阪でイベントなどやっている、ちるさんのUK/USロック情報満載の更新頻度の高いブログです!
''洋楽×洋楽 こんこんぶつゆの洋楽紹介サイト''
ロック全般の情報盛り沢山のブログです。
''the eternal day''
LEMONさんのブログ。OASIS、DPTの話題などなど☆
''洋楽試聴 Nu Musics''
Satoruさんの洋楽PV試聴満載のブログです♪
''〓〓LOVE MUZIC〓〓''
BEP好きなKeyさんの可愛いブログです☆
''Youtubeまとめblog''
アーティスト一覧になってて大変便利です

試聴

track feed

track feed

ブログパーツ レンタルCGI
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。